ホーム>院長ブログ>骨盤矯正について>腰痛と密接な関係?
骨盤矯正について

腰痛と密接な関係?

岡山市 倉敷市 玉野市 総社市 にお住まいの方で、肩こり 腰痛 生理痛 などでお悩みの方は、是非一度ご相談ください !!

 

 

それは ・・・ たばこ (喫煙者と喫煙者の近くにいる人に該当) です。

2016428112610.jpg

これは、ある調査チームが、治療院に何かしらの理由で通院されている方にアンケートを取り【腰痛】と答えた多くの方の中に、喫煙歴有りと答えた方が 6~7割いたと言う結果に基づいたお話です。  ※喫煙年数はカウントせれていません。

 

なぜ 【腰痛】 と 【たばこ】 が関係しているの?

その答えは、たばこに含まれる "ニコチン" と言う成分にあります。この成分には、①血管を収縮させ血行を悪くする働きビタミンCを破壊する働きがあります。健康番組などでもよく取り上げられているのを目にしますよね。

 

① 血管を収縮させ血行を悪くする

血行不良になることで、椎間板に栄養が行き渡らなくなってしまいます。そうなると、椎間板が変性(薄く扁平になる)し痛みが出やすくなります。

 

② ビタミンCを破壊する

椎間板を構成する成分にビタミンCが多く含まれていて、ビタミンCが減少すると椎間板のクッション性能が低下します。

 

※椎間板 ・・・ 背骨と背骨の間のクッション的な役割をしています。

2016428113035.jpg

椎間板が変性すると、どうなるの?

初期症状 ・・・ 違和感 ・ 疲労感 がある。

中期症状 ・・・ 長時間、同じ姿勢でいると辛い。日常生活動作で痛みが出る。腰から足にかけて重だるい。

後期症状 ・・・ 筋肉が "ガチガチ" で、ほんの些細な動きで ”ギクッ” と鋭い痛みが出る。腰椎が変形してくる。腰やお尻足の筋力が低下してくる。

重篤症状 ・・・ 腰やお尻足の筋肉が痩せ細る。腰から足にかけて痺れ痛みが出る。腰椎が変形している。腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・分離すべり症などになりやすい。

 

【 たばこ 】を吸う本数が増えるほど 腰痛がひどくなる?

非喫煙者 ・・・ 57% 

一日20本以下 ・・・ 63.7%

一日20本以上 ・・・ 66.4%

と、煙草を吸う本数が増えるほど、腰痛も増える事が最近の研究で解ってきました。

私も数年前まで煙草を吸っていました。当たり前のように腰痛でしたよ !! 今は腰痛で悩む事はありません。無茶しなければですけどね~

 

禁煙するなら 【 自分に強くなれ 】

「禁煙するぞ!!」っと気合いをいれ禁煙外来に通院している知人がおりましたが、病院でたらすぐ煙草に火をつけ 「ふう~ 」。 ・・・ って ・・・ 何しに行ってるの?(--;)  カウンセリング意味ねえ~し お金もったいね~し  

他人からのアドバイスは非常に大事だと思いますが、最も大事なのは【自分自身の弱さに打ち勝つこと】です。

私は「やめよう」と思ったその時に、持っていた煙草(残り16本くらい)を握り潰しゴミ箱に捨てました。それ以来吸ってません。ニコチンシールやニコチンガムも服用しませんでした。お陰様で、今では煙草のけむりも臭いも苦手です。

喫煙者で腰痛症状があるなら、まず禁煙をした方が良いと思います。是非頑張ってください。  ※節煙(本数を減らす)など緩い考えはやめましょう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mashio-sekkotsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23